食物繊維で便秘解消

便秘を予防するために食物繊維はとてもおすすめできます。こちらは健康食品に含まれていることも多いです。毎日しっかりと摂取するべきものとされています。

納豆食物繊維は第六の栄養素と呼ばれることもあります。それほど重要なものとされています。主に不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が存在しています。不溶性食物繊維は野菜や豆類などに多く含まれています。こちらは保水性が高くて蠕動運動を活発にしてくれます。繊維状になっていて、食べ過ぎを防止します。また、発酵性があるため、腸内環境を良くする効果があります。一方、水溶性食物繊維はわかめや里芋、昆布などに多く含まれています。こちらは粘性があり、食べ過ぎを防いでくれます。吸着性があり、コレステロールや胆汁酸を吸着して体外への排泄を促してくれます。また、発酵性もあります。

このようにとても有用な栄養素なのですが、現代人はこれが不足しているとされているのです。そのため、普段の食生活の中でできるだけしっかりと摂取するべきです。それが難しいならば健康食品を用いて食物繊維を補うと良いでしょう。どのような形で摂取したとしても、体内で食物繊維としてしっかりと効果を発揮してくれるのです。大事な栄養素です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket